国税専門官(公務員)の合格を応援するブログ(独学者推奨)

国税専門官などの公務員試験の合格を応援します^^

スポンサードリンク

今回不合格になってしまった方( ;∀;)諦めない人編

こんにちは朝比奈です

 

公務員試験も1次試験があらかた終わり、みなさまも自己採点などである程度自分の合否は見えてきたのではないかと思います。長い受験期間であったかとは思いますが、実際の試験では運など、さまざまな要素によって思うように力を発揮できなかった方もいらっしゃるのかもしれませんね。

 

このブログを読んでいただいている方は、いろいろな方がいらっしゃると思います。

大学生さん、既卒の方、転職希望の方、等等。それぞれ様々な状況に置かれながらも、国税専門官や国家一般職、政令指定都市などの高難易度の試験に向けて勉強をつづけてきて、当日の数時間の試験で不合格だったといって、すんなり諦めることのできる勉強ではなかったと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

基本的に国税専門官や国家一般職、国家総合職は、非常に難易度の高い試験であり、そのため、不合格人の方が圧倒的にが多い試験でもあります。しかしながら、私が受験したときでも2年3年勉強して合格したという人が大勢おりあきらめなかった人が合格していく試験でもあります。今までの勉強してきた時間を考えると、来年も受験と考えると確かにつらい選択かもしれませんが、みなさんの今回の選択で5年後の自分が変わります。

 

もし来年も受験し、国税専門官や国家一般職の難易度の高い公務員試験を受講するということであれば、wed通信講座を受講されてもいいかと思います。

 

現在、国税専門官や国家一般職、国家総合職などの難易度の高い公務員試験では、はやりLECTAC大原伊藤塾などの学校に通う合格者が非常に多いのが見て取れます。

 

たとえば、たびたびこのブログでご紹介させていただいているLECでは、通信講座は秀逸で非常に人気があります。LECのwed講座を選択されますと、音声DLは標準的に用意されています。

他社では基本的には別途料金がかかるのケースが多いです。

 

これからの勉強では、おそらく勉強時間をいかに獲得するかという勝負になっていくかと思います。そうなると、今までの、図書館にいったり、LECなどの本社に出向いて授業を受けるといった生活だと、移動の時間や、学校の時間のスケジュールに合わせて通学をし、時間のロスが発生してしまいます。

 

LECの場合、一度DLしてしまえばoff-lineでDLした動画を使っていつでも勉強ができ、視聴履歴も活用すれば無駄な時間の削減に必ずつながります。”講義ビデオで学習とテキストを活用し、自分の好きな時間に学習”このスタイルで学習を行うのがもっとも無駄がありませんし、重要な個所を聞き逃すといったこともありません。

 

ちなみにLECは、予備校に実際に通うタイプと自宅で勉強するタイプを選択するようになっているのですが、通学者にも通信クラスと同じ映像学習も可能になっているので、より手厚く学習のフォローをしてくれるので、非常におススメです。

 

また、合格点を安定して獲得できるようになるための法律科目に関して非常に強く、講義をうけることで、安定して法律科目で合格点を稼げるようになるでしょう。また、数的や経済科目にも強く、しっかりとした理解につなげ、専門記述に選択可能になるまでの学習ができます。

そのほかのサポートは費用が別途かかるケースもありますが、手厚く行っており、大変おススメできる学校といえます。

 

他に代表的な学校でいえば、TACさんが有名ですね。

 

TACは従来、会計を柱に作られた学校ですので、簿記や税理士、会計士などの試験において、大きな実績を誇る学校です。

 

TACももちろんwedでの学習を行っており、自分のペースでの学習が可能です。

TACでは、ほかの受講生の状況などをwedサイトで確認できるシステムも用意されており、モチベーションの維持にもつなぐことができます

また、TACでは価格は高くなるのですが、通信講座に電話相談や質問カードなどのサービスも備わっており、手厚いサポートを受けることができるでしょう。

 

また、TACでの学習では、初めにVテキストを科目分を渡されます。

Vテキストを基にした学習が基本となり、さらにそれをわかりやすくしたレジュメの配布され、そちらを活用しながら学習をすすめるというのが基本スタイルになります。

なので、一度本屋でVテキストを見て、自分との相性を確認することが重要です。

*基本はすべてVテキストになりますので、すでに購入している方は2冊持つことになりますね笑

 

他には大原さんも忘れることはできませんね。

 

大原は会計に強い大手の専門学校です。通学をしながら学びたい人におすすめの学校ですね

 

大原は通学者に対してのサポートが手厚く用意されており、専属講師に直接質問などをして、学習を進めることができます。

 

通学を選択する人にとってはかなり手厚いサポートがあるのですが、通信講座では基本的にメールと電話でのサポートが基本になりますので、通学をせず、wedでの講義を選択される方は注意が必要かもしれませんが、日曜、祝日も9時から15時まで質問受付を行っているのは他社とは違い心強いです。また、チューター制度に無料で登録でき、定期的に電話でのアドバイスがあります。

 

あとは伊藤塾も有名ですね

 

伊藤塾は法律に強い学校です。司法書士など、法律資格を基本に始まった学校であり、たしかな合格実績が強みと言えます。

勉強のスケジュール管理も他社と比べ強くおこなっており、そういった管理もしてもらった方がはかどる人におすすめの学校です。

 

もしこのブログを読んでいる方で、来年も受験を行うという方は、既に来年の受験がはじまっているので、いち早く合格へ進む道を選択して、確実に合格していただきたいと思います。

 

ではでは~^^