国税専門官(公務員)の合格を応援するブログ(独学者推奨)

国税専門官などの公務員試験の合格を応援します^^

スポンサードリンク

このまま流れにのって国家一般職を受験されるかたへ

どうも!朝比奈です!

 

今日は国家一般職を受験される方へ記事を書いていこうと思います!

 

このブログでは基本的には国税専門官の試験を応援してきましたが、はやり、年に一度しかない試験ですし、滑り止め(もしくはそっちが本命?笑)に他の公務員試験を受験される方が大多数と思いますので、今日は国家一般職について書いていこうと思います。

 

先日、国税専門官を受験された方は、基本的には専門科目のほうが得点が高かったので、専門試験に重きを置いた勉強をしているのではないかと思います。国家一般職はそういった方にドはまりする試験ですので、ぜひとも受験してほしい試験です。

 

国家一般職の試験の特徴としては

 

教養は基本的

専門試験の点数が教養の2倍

専門試験が選択式であり8つの科目を選択できる

官庁訪問がある(2次試験合格が合格ではない)*私の経験談も踏まえそのうち書きます^^

 

といった特徴が受験生にとっては大きいと思います

私も当時、国家一般職の試験を受けましたが、専門がしっかりとれたので、こちらは上位合格できました( ゚Д゚)どんなもんじゃーい

受験生の多くは、専門試験に偏った人や、教養に偏った人(こういった人は市役所や警察官を第一にしているパターンが多い)に分かれていることが多いので、国税専門官を第一に考えてきた方ならば、合格を十分に狙いやすい試験ともいえるでしょう。

 

さらにいえば、国家一般職には専門記述試験がないので(論文はありますが、1次試験では関係がない)いままで、専門記述もできるように対策してきた方にとってはかなり有利に戦えることでしょう。

国家一般職は我々にとってとても相性のよい試験なので積極的に受験をおすすめします^^

 

もちろん、国税専門官が第一で、それ以外受けず、落ちたらまた来年受験するというのも十分に可能ですが、1年という期間は長いので、できるだけ広く可能性を持てるような作戦もいいのではないかと思います^^

 

ではでは~^^